自動開閉

ハウス自動開閉装置

温度センサーと雨センサーの情報を基に換気窓を開閉してハウスの温度管理を行います。目標温度は作物や目的に合わせて設定出来ます。また、1時間ごとや任意の時間帯分割を選び設定することも出来ます。
液晶タッチパネルなので解りやすい表示と操作になっています。液晶タッチパネルでは、過去1週間分の温度データをグラフで表示したり、最高最低温度データも表示できます。
また、自動復帰機能が標準装備されていますので、手動から自動への切替を忘れていた場合でも温度警報や雨、時間により自動運転に戻るので安心してお使いいただけます。

ハウス内環境

ハウス内環境

ハウス内の温度、相対湿度、露天、飽和水蒸気、飽差、風向・風速、CO2濃度、照度等の測定を行うのでハウス内の環境の状態や変化を視覚的に確認することが出来ます。過去のデータは蓄積されていきますので、データに基づいた営農で生産作業を安定化させ、さらなる作物の収量増大や農作業の効率化が目指せます。
管理はスマートフォンやパソコン・タブレットでも行えますので、いつでもどこでもハウス内の情報が手元に届きます。また、アラート機能でハウス内環境や設備に異常が起きた場合には、すぐに通報メールが届きます。

自動散水

自動散水装置

作物の生育にあたり灌水を確実に行うことが品質の安定と病害の抑制に繋がります。ですが、タイマー片手に他の作業をしながらバルブを切り替えて灌水をするのは大変です。
自動散水装置では散水のパターンやタイマーを指定しておくだけで自動で散水を行います。散水パターンは3通り登録出来ますので晴れの日用、雨の日用または生育に合わせての設定をしておくとワンタッチで切替可能です。
また、散水した履歴を確認したり、散水中に停電した場合の自動復旧機能・発生中のエラー・注意点の表示など安全対策機能も装備しています。